【4分で読める】人間の安全保障とは?~SDGsやTICADの背景にもなっている考え方をわかりやすく解説!~

 こんにちは!Z-shanです。

 国際協力の世界では「人間の安全保障」という言葉を耳にすると思いますが、人間の安全保障とは何でしょう。TICAD関連の公開文書やSDGsにも出てきます。今回は人間の安全保障について分かりやすく説明します。

人間の安全保障とは?

 外務省では人間の安全保障を以下のように定義づけています。

「人間一人ひとりに着目し,生存・生活・尊厳に対する広範かつ深刻な脅威から人々を守り,それぞれの持つ豊かな可能性を実現するために,保護と能力強化を通じて持続可能な個人の自立と社会づくりを促す考え方」*1(出典:外務省)

 分かりやすく説明すると、「誰もが飢餓や犯罪、健康の不安、経済的不安、政治的、思想的な抑圧を感じることなく生きられる(人間としての安全が保障された)世界を目指す」ということです。

 この考え方は1994年に国連開発計画(UNDP:United Nation Development Plan)の人間開発報告書にて国連によって提示され、現在の国際開発の世界で最も重要な概念の一つとなっています。ちなみに先進国でも、障害者やLGBT、少数派の宗教や思想の人々にとって生きにくい社会であれば、人間の安全が保障されたとは言えません。その意味でどんな国でも人間の安全保障の課題は存在するといえます。

 人間の安全保障では、先進国・途上国を問わず、「経済的に苦しい人が多く存在する社会」、「飢餓やテロを含む犯罪が多発する社会」、「医療の不足などで健康的に生きることに不安を抱えた人がいる社会」、「宗教的な抑圧や政治的な抑圧を感じて生きる人がいる社会」は、死の恐怖や我慢など、不安が残る社会であり、「安全」ではないと考えます。そして、上記のような不安のない「安全」な社会を目指すことが良しとされるのです。人道支援を行う際にも重要な考え方ですね。

 日本政府は2000年以降、この概念に基づいた援助を主眼の一つに据え、開発途上国の支援を行ってきました。日本がTICADを実施する背景の一つとしても、人間の安全保障が明示されています。*2

人間の安全保障に基づいた支援の例

 人間の安全保障に基づいた二国間援助としては草の根・人間の安全保障無償資金協力が挙げられます。この支援は地域住民のためになることを主眼とした支援で、地域のゴミ箱の設置やヘルスセンター、学校等の建設が行われています。*3

 また、日本政府が主導で1998年に国連に「人間の安全保障基金」を設置し、多国間援助も行ってきました。この基金では難民支援や貧困地域の生活向上のための支援などが行われ、日本は同基金に対し,2016年度までに累計約453億円を拠出しています。*4

二国間援助、多国間援助についてはこちら

まとめ

 この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  1. 人間の安全保障とは、「誰もが飢餓や犯罪、健康の不安、経済的不安、政治的、思想的な抑圧を感じることなく生きられる(人間としての安全が保障された)世界を目指す」ということ。
  2. 人間の安全保障の達成には、多面的な条件があり、途上国だけの問題ではなく、先進国においても問題となるケースがある。
  3. 日本が行う援助においても人間の安全保障は重要視されており、二国間援助や多国間援助を通して問題解決に向けたアプローチがなされている。

 いかがだったでしょうか。この記事を通して人間の安全保障について少しでも理解を深めていただけたら幸いです!

 最後までお読みいただきありがとうございました!

☆Twitterアカウント開設しました!記事の更新情報をお知らせしている他、記事作成のリクエスト等受付けていますので、気軽にフォローお願いします!

Twitterはこちら:コウイチローのTwitter

参考文献

*1外務省 ODA(政府開発援助)人間の安全保障 分野をめぐる国際潮流

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/bunya/security/index.html

*2アフリカ開発会議(TICAD)TICADの背景にある日本の考え方

https://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page22_002578.html

*3ODA(政府開発援助)草の根・人間の安全保障無償資金協力

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/kaigai/human_ah/index.html

*4ODA(政府開発援助)人間の安全保障実績

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/bunya/security/statistic.html

最新情報をチェックしよう!
>日本一わかりやすい国際協力サイト

日本一わかりやすい国際協力サイト

このサイトは「とにかく短く分かりやすく」を主眼としており、厳密な言葉の定義などとは異なる場合がございます。正確な情報を求めている方は、本サイトの参考文献などをご覧いただくか、意見箱に質問していただけると幸いです。

日本国内の国際協力関連サイトでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。