【3分で分かる】国際協力の世界で働くための学部選び~国際協力業界で働くために必要なことって?~

 こんにちは!Z-shanです!

 現在学生で、将来国際協力の世界で働きたいとお考えのあなた!もしくは、社会人で一旦大学(院)に入ってから国際協力の世界で働きたいとお考えのあなた!大学の学部選びって悩みますよね?

 とりあえず学校の先生が勧めてくれるから、国際関係学部に進学でしょうか?それとも国際交流とか国際コミュニケーションとか、「国際」ってついた学部に入ればよいのでしょうか?実際、どんな進路がよいか分からなくて、悩んでいませんか?私も昔、すごく悩みました。

 そこで、現在国際協力の現場で働いている私から、国際協力で働きたいあなたの進路選びに、少しアドバイスができたらと思ったので、現場から見てどんな進路が良いのか書いていきたいと思います!

そもそも「ここ!」って学部はあるの?

 病院であれば主に医学系の学部を卒業した人が働いていますよね。工学系のメーカーであれば、工学系の学部を卒業した人、裁判所など司法業界なら法学系の学部を卒業した人がいっぱい働いていますよね。

 同じように、国際協力の現場って国際協力系の学部を卒業した人がいっぱいいるのか?実はそうでもないんです。そもそも国際協力系の学部って数が少ないんです笑

 国際コミュニケーションなどの学部は、その名のとおりコミュニケーションを専門としており、国際協力に直結している学部ではないのです。

 国際政治経済学なども同じです。国際協力に関わる仕事に就けるかもしれませんが、就かない可能性も十分にあります。

 一方で、国際開発学などの学部は、国際協力に近いといえます。ただし国際開発学の学部に進んでも、国際開発学の研究者などは募集が少なかったり、思い描いていた仕事とは結び付かなかったり、という可能性もあります。

国際協力の現場ってどんな人がいるの?

 国際協力の現場は、専門家がたくさんいます。医学の専門家、法律の専門家、農業の専門家、そして開発の専門家、、、そうした専門家が集まって仕事をしているのです。そうです、どの学部に入っても国際協力に関われる可能性はあるのです。

 大切なのは、「どのような分野(関わり方)で貢献したいか」を具体的にイメージしながら勉強に取組むことです。従って、自分の勉強したい分野・好きな分野から国際協力に関われないか考えるのも、アリだと思います。あなたが思い浮かべる国際協力の現場の人々も、改めて考えてみると、実はその一つ当てはまったりしませんか?医者、子供のケアの専門家、道路の設計の専門家等々。

 国際協力の現場では、専門家が求められるので、自分がどんな専門家になりたいのかを、何が向いているのか考えてみると良いでしょう。それぞれの専門家が、実際に国際協力の現場でどんなふうに活躍しているのか、このサイトでできる限り紹介していきますね。

 もし、自分で色々調べてみたけれど、今すぐには決められない場合は、教養学部への進学も考えてみてください。教養学部は、いろんな分野の勉強ができ、自分の向き不向きを知るきっかけになるからです。色々勉強したうえで、自分の中にコレ!というものが見つかってから専門性を磨いても遅くはないと思います。

※学部別にキャリアパスを解説した記事はこちら。

【4分で分かる】国際協力業界で働くための学部選び ~学部別キャリアパス Part 1~

【4分で分かる】国際協力業界で働くための学部選び ~学部別キャリアパス Part 2~

☆Twitterアカウント開設しました!記事の更新情報をお知らせしている他、記事作成のリクエスト等受付けていますので、気軽にフォローお願いします!

Twitterはこちら:コウイチローのTwitter

 

最新情報をチェックしよう!
>日本一わかりやすい国際協力サイト

日本一わかりやすい国際協力サイト

このサイトは「とにかく短く分かりやすく」を主眼としており、厳密な言葉の定義などとは異なる場合がございます。正確な情報を求めている方は、本サイトの参考文献などをご覧いただくか、意見箱に質問していただけると幸いです。

日本国内の国際協力関連サイトでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。