【4分で読める】英語論文の書き方のコツ教えます~欧米の大学院出身者が論文の構成から主な4つのルールまで解説~

 こんにちは!Zーshanです。

 前回の記事で、英語の論文の読み方について説明しましたが、本記事では、英語の論文の書き方について説明します。(ここでは私の経験から、社会科学分野を例に説明します)

論文の構成は決まっている

 論文全体の構成は、基本的に読み方で説明したものと同じです。

要約→イントロ→過去の論文の批判→理論と分析方法→分析結果→考察→結論

 論文を書く上で最も重要なのは、この構成です。ここから大きく離れることなく書けば、ひとまず、論文の展開はOKです。

英語の書き方で主に注意すべき4つのルール

 日本語の学術論文と同じように、英語の学術論文も少し特殊な書き方をします。以下、主な注意点です。

(1)同じ単語を何度も使わない

 また、1つのパラグラフの中で、同じ単語を何度も使うことはあまり良いとはされていません。例えば「調査する」といった単語を同じパラグラフ内で何度か用いる場合、「search」「examine」など、異なる言い方を用いるのが普通です。同じ表現は冗長的とも考えられるからです。

(2)略語は使わない

 例えば、英語学習の際に習う短縮形(is not を isn’tと略す等)は、学術論文では使われないことが一般的です。略語は使わず、is notと書くようにしましょう。

(3)短い文章を続けて書かない

 短い文章を続けることも避けましょう短い文章を細切れに続けるのも、冗長的と考えられるためです。通常ある程度の長さの文章でパラグラフを構成していくことが良しとされます。

(4)一人称は避け、使う場合はweを使う

 一人称はできるだけ使わないようにしましょう。英語の論文を書く際は、IやYou, Weなどの一人称で始まる文章はできるだけ避けることが求められます。

 これは、客観性を重視するためです。もし一人称をどうしても用いる必要がある場合は、weを使います。論文は自分の意見としてかくのではなく、3人称が基本になります。読者に「私にも、読者であるあなたにとっても明らかな事実ですよ」と示すためです。

分かりやすい文章を心がける

 上記のように、単語を変えたり、長い文章で書いたりすると、難解な(もしくは読みづらい)文章になる場合がありますよね。しかし、当たり前ですが、そうなってはいけません。

 上記を踏まえつつ分かりやすく簡潔な文章を書くことが大切です。実際、良い論文は項目2で説明した注意点をクリアしつつも、本当に読みやすく、日本語の論文を読むよりも分かりやすい!と思うケースもあります。

 分かりやすい文章を書くコツは、先程も書きましたが、決められた構成を守ることです。構成を守りつつも、各構成の中の1つのパラグラフの中で何を伝えたいのか、どの順番で伝えると読む人が分かりやすいのかを考えた上で、文章を書いてみてください。1つの文の中でも、どの単語を使うのが、自分の意図やイメージを正確に伝えられるか、考えながら書いてください。

 また、自分で見直す際に、引っかからずにスラスラと読める文章であるか確認しながら読み返してみると良いです。

 読み方アドバイスの時も書きましたが、英語の論文でよく用いられる表現がいくつかあります。こちらを使いながら論文を書くようにすると、分かりやすい論文を書く最初の一歩になると思います。まずはこちらから取り組んでみてください。以下に表現の一例を示すので参考にしてくださいね!

1)論文自体の目的(調査から何を導き出したいのか)を示す

      This report (examine/study/aims to) …

2)これまでの研究に言及する

   The past (reports/ articles/ research) (examine/ find/ search/shows) …

3)この論文で何を調べたのか(調査対象)を示す

       This report (search/analyzes) …

4)分析結果が表していること

   The (data/result) shows …

5)この論文で導き出されたこと

        This report finds …

 6)この論文の限界

    The limitation of this report …

 

まとめ

 英語の論文を書くのは、はじめのうちは慣れないことばかりで大変です。そんな時は他の良い論文を読んで学んでみてください。より良い論文を書くヒントが、随所に見つかるはずです。参考文献もいくつか用意したので、是非参考にしてみてください!

 最後までお読みいただき、ありがとうございました!

☆Twitterアカウント開設しました!記事の更新情報をお知らせしている他、記事作成のリクエスト等受付けていますので、気軽にフォローお願いします!

Twitterはこちら:コウイチローのTwitter

参考文献

*1 Johnson, B. J. and Reynolds, H. T. (2012) Political Science Research Methods, 7th edition. Los Angeles: CQ Press. 

*2 Harvard Colleage Writing Center,  Beginning the Academic Essay 

https://writingcenter.fas.harvard.edu/pages/beginning-academic-essay

*3 株式会社ワードバイス 論文で使えるアカデミック英語のフレーズ集

https://wordvice.jp/論文-英語-無料-表現集/

*4 九州大学情報基盤研究開発センター 天野 浩文「英語で論文を書こうとする人へ」

http://isabelle.cc.kyushu-u.ac.jp/~amano/how_to_write/english.html#we

 

最新情報をチェックしよう!
>日本一わかりやすい国際協力サイト

日本一わかりやすい国際協力サイト

このサイトは「とにかく短く分かりやすく」を主眼としており、厳密な言葉の定義などとは異なる場合がございます。正確な情報を求めている方は、本サイトの参考文献などをご覧いただくか、意見箱に質問していただけると幸いです。

日本国内の国際協力関連サイトでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。